よくあるお問い合わせ(FAQ)よくあるお問い合わせ(FAQ)

ドアハンガー・建具金物のFAQ

引戸クローザー〈スライデックス〉

スライデックスの推奨扉厚を教えてください。

扉厚は「30~40mm」程度を推奨いたします。

詳細は、各納まり図をご確認ください。

 

※扉厚が厚すぎる場合、扉と壁が干渉し動作しなくなる恐れがあります。

対処としては、レールを持ち出すか戸車フレームを取り付ける位置をずらす必要があります。

スライデックス の部品を、メンテナンス用として単品で購入できますか?

ご購入できます。

「建具用金物カタログ」にて掲載の「メンテナンス部品」項目より

品名・品番・価格をご確認いただき、建築金物取り扱いの販売店を通してご発注ください。

レールの「右引き」・「左引き」を判別する方法はありますか?

以下の見分け方をご参考ください。
●右引き:レール取付け面から見て、右に開扉する場合
●左引き:レール取付け面から見て、左に開扉する場合

施工の際、左右勝手を間違えて取付けたのですが、現場で変更することはできますか?

スライデックス ソフトクローザー は「左右兼用」のため対応可能です。
それ以外のスライデックス製品は、レール・フレ-ム・油圧制御装置等の勝手が違いますので、

別途交換が必要です。
※ただし、「HCS-30K」「HCS-C30N」は、左右の切り替えが現場で可能な仕様です。

 

●左右兼用 適用品:HCS-JSC50X2/-JSC35TS/-JSC35TSM/-SC30/-SC50TS/-MH30T

※ソフトクローザー アウトセット仕様は、左右兼用仕様ではありません。

耐火性・防火性はありますか?

制御装置の使用温度範囲が「最大40℃」までの設定ですので、耐火性・防火性は保証しておりません。

一般住宅向けには、どの製品が良いですか?

スライデックス ソフトクローザー シリーズが最適です。ご検討ください。

スライデックスを屋外に設置できますか?

屋内仕様のため使用できません。風の影響を受けやすく扉の開閉に支障をきたす場合があります。またフレーム等がサビ付く恐れがあります。

サビに強いですか?

当社のレールは、アルミサッシ等に使われる、

強度や耐食性に優れるアルミ合金(A6000系)を採用しております。
ただし、「湿度が高い場所・錆の発生が考えられる場所」でのご使用は避けてください。
そういった場所では「防錆処理」を施した「浴室仕様 HCH-60Y型」をご採用ください。

最小枠内寸法を教えてください。

詳細は製品カタログページの「建具用金物カタログ」の各「納まり図」をご覧ください。

自閉(自動閉扉)の仕組みは電動ですか?

電動ではありません。「レールの傾斜を利用した閉扉」や「ゼンマイ駆動による閉扉」を「自閉式」としています。

重量のある鋼製扉に対応する製品はありますか?

以下の製品がおすすめです。

●傾斜・壁付けレール:HCS-80/-120/-200N型
●水平・壁付けレール:HCH-60/-80型

※詳細は、製品カタログページの「建具用金物カタログ」をご覧ください。

レールの特注寸法は製作可能ですか?

以下の製品のみ有効開口「最大2000mm」まで対応します。

適用:「HCS-30Kシリーズ、HCS-50、50T、50TF、80、80T、120、X2(R/L)30型」。

※詳細は最寄りの当社営業所まで、お問い合わせください。

(ご回答にお時間をいただく場合があります。)

スライデックスで気密仕様はできますか?

扉とレール、または扉と床のスキマにモヘア等をつけると抵抗になり、
扉が途中で止まる恐れがあるため、気密仕様にはできません。

傾斜レールは扉が上がっていくのですか?

開扉の際、床面に対して平行に上がります。
例えば、有効開口が300mmの場合、約3.5mm上がります。
有効開口が900mmの場合、〈約10.5mm〉上がります。
※詳細は建具金物カタログ内の各「納まり図」をご覧ください。

image-tateg

HCS型(傾斜・壁付レールタイプ)の、レール内にある「ラック固定板」とは何ですか?

「ラック固定板」は、レール内の「制動ラック」を固定するための部品です。

HCS型(傾斜・壁付レールタイプ)において、レール内の「制動ラック」を取り外せる製品には「ラック固定板」が付けられています。※該当しない製品には付いていません。

image-tateg13

浴室仕様 HCH-Y型は、浴室内部に使用可能ですか?

「浴室外側の出入口や脱衣所」などへの設置を推奨いたします。

 

なお、油圧制御装置の使用温度範囲は「0~40℃」までとなっております。

設定温度にもご注意ください。

※サウナ・温泉・食品庫にはご使用いただけません。

スライデックス ソフトクローザー「HCS-SC30TS型」と「HCS-SC30T型」の違いはなんですか?

「HCS-SC30TS型(ガイドレール含めたセット品)」

「HCS-SC30T型(ガイドレールのみ付属無し)」

となります。

ガイドレールを付けることにより、木の反りを防ぎローラーの摩耗も抑えるので、

ガイドレールは必ず付けてください。

HCS-SC30T型(ガイドレールのみ付属無し)は、すでにガイドレールを

お持ちのお客様向けの商品です。

スライデックス(HCS型・HCH型)の「油圧制御装置」をメンテナンスで交換したいのですが、確認する事はありますか?

スライデックス(HCS型・HCH型)の

【型番、右引き用か左引き用か、歯車ラックの色】を確認してください。

詳細は、最寄りの当社営業所までお問い合わせください。

スライデックス フレームの「外れ止め六角特殊ボルト」を無くしたが、代わりのボルトは何を使用すればよいか?

「外れ止め六角特殊ボルト」は特殊な加工品です。市販の六角ボルトでは対応できません。

無くされた場合は、ご購入いただいた販売店等に「外れ止め六角特殊ボルト」を

手配してください。

外れ止め六角特殊ボルト

「戸尻側引き込み装置 HCS-TH型」は、スライデックスすべてに対応しますか?

スライデックスすべてには対応しません。

スライデックス ソフトクローザー HCS-SC30シリーズ、アウトセット仕様 HCS-OSC30 のみに

対応します。

image-tateg3

「スライデックス オプション部品」は、全てのスライデックス製品に対応しますか?

「スライデックス ソフトクローザー」 シリーズにはご使用いただけません。

詳細は製品カタログページの「建具用金物カタログ」をご覧ください。

スライデックス オプション部品の「アルミ点検カバー」でシルバー色以外はありますか?

シルバーのみです。カバーの表面はフラット なので、別途お客様で現場に合わせてシート貼りや塗装を行っていただくことが可能です。

※当社での塗装やシート貼り加工は行っておりません。

 

スライデックス オプション部品の「ストッパー」と「戸袋対応ストッパー」の違いは?

どちらも扉を全開状態で停止させるストッパーですが、

標準納まりには「ストッパー」を、戸袋納まりには「戸袋対応ストッパー」をご選択ください。

なお、戸袋対応ストッパーは開口部で取り替えができ、メンテナンスが簡単です。

image-tateg2

防球ネットや防風シートなどを吊り下げるのに最適な部品はありますか?

●防球ネットや防風シートには、「マテハン用部品」をご利用ください。
※詳細は製品カタログページ内「マテハン用部品カタログ」をご覧ください。

 

●ビニールカーテンには、「間仕切ビニールカーテン」もございます。

※詳細は製品カタログページ内「ドアハンガーカタログ」をご覧ください。

 

注)シートやネットを吊り下げて使用する場合は、

シートやネットの下部に必ず振れ止めを使用してください。

カタログに掲載されていない納まりや用途で施工できるか教えていただけますか?

一度、最寄りの当社営業所までお問い合わせください。

(ご回答にお時間をいただく場合がございます。)

キーワード検索