【駐輪場屋根紹介】シャープなデザインのT型角柱タイプ!CY-TFK型

202011_cytfk-shokai_main

マンションなどの集合住宅や商業施設、学校、公共施設などにある自転車を雨・風・雪から守る駐輪場の屋根。ダイケンは駐輪場屋根における製造・販売でトップメーカーです。

そんな駐輪場屋根のトップメーカー「ダイケン」の新製品「自転車置場ルーフ サイクルロビー CY-TFK型」をご紹介します。

CY-TFK型は中央角柱とフラット屋根が特長のデザインで、屋根の材質はスチール屋根・アルミ屋根・静音タイプ(スチール・アルミ)・制振鋼板の4種類から選択できます。間口サイズは4サイズあるので、現場の納まりに合わせて、基準型と連結型でそれぞれ最適な間口サイズを組み合わせて選べます。奥行は2000mmの1サイズです。

【 目 次 】

 

「駐輪場屋根 CY-TFK型」製品概要について

  • 柱は中央角柱、屋根形状はフラット屋根。
  • 基礎は埋込式。ベース式は特注対応。
  • 柱はスチール製。屋根の材質はスチール屋根・アルミ屋根・静音タイプ(スチール・アルミ)・制振鋼板の4種類。
  • スチール角波屋根は「不燃認定番号:NM-8697」、アルミ角波屋根は「不燃認定番号:NM-8597」、制振鋼板屋根は「不燃認定番号:NM-8698」を取得。
  • 軒樋は標準装備。立樋は基準型には標準装備、連結型を設置する際に必要。

202011_cytfk-tantai

 

「駐輪場屋根 CY-TFK型」サイズ展開について

間口サイズは4サイズあるので、現場の納まりに合わせて、基準型と連結型でそれぞれ最適な間口サイズを組み合わせて選べます。奥行は2000mmの1サイズです。ハイルーフタイプの設定はありません。

202011_cytfk-shokai_d2000

 

雨音を低減する静音屋根について

降雨時に駐輪場の屋根に雨音が当たり、気になることはありませんか?
CY-TFK型は雨音を低減する屋根材質として、静音ルーフ(スチール・アルミ)か制振鋼板があります。

 

【静音ルーフとは】

スチール板またはアルミ板の屋根パネル内面に、不織布に制振性の高い樹脂を含有させたシートを部分的に貼り付けることで雨による振動を抑え、音質を変えることにより雨音を低減させます。

 

【制振鋼板とは】

鋼板2枚の間に粘弾性樹脂をサンドイッチした構造です。粘弾性樹脂により、雨による鋼板の振動を抑えて、雨音を低減させます。振動を抑えるだけでなく、耐熱・耐久性にも優れています。

202011_souon-sokutei2

 

「駐輪場屋根 CY-TFK型」オプションについて

取付けられるオプションは車止め、立樋、照明器などがあります。

202011_cytfk-cyllmtd

↑立樋        

 

駐輪場屋根 サイクルロビー CY-TFK型のまとめ

中央角柱とフラット屋根が特長のデザインで、屋根の材質はスチール屋根・アルミ屋根・静音タイプ(スチール・アルミ)・制振鋼板の4種類から選択できます。
間口サイズは4サイズあるので、現場の納まりに合わせて、基準型と連結型でそれぞれ最適な間口サイズを組み合わせて選べます。奥行は2000mmの1サイズです。
ハイルーフタイプの設定はありません。
取付けられるオプションは車止め、立樋、照明器などがあります。

 

ダイケンホームページで、製品カタログの閲覧やCADデータのダウンロードができます。

カタログページ リンクボタン

Button-productsindex

banner_datadowenload