会社案内会社案内

営業部門

3つの視点を取り入れた設計で
ニーズを超えたソリューションを生み出す。

営業部門

あらゆる「もの作り」の出発点となるマーケティング。そこでダイケンが大切にしているのは「複合的な視点」です。現場からのフィードバックと独自のマーケットリサーチ、そして生活者視点。常にこの3つの視点をもつことで、今までにない発想が生まれると同時に、「誰にでも使いやすいか」「風景になじむか」「人に心地よいものか」など多面的に検証し、アイデアの精度を高めることができるのです。顧客や社会のニーズに応えることはもちろん、まだ気づかれていない問題点を発掘し、ソリューションを提案していく。この積極的な取り組みこそが、「ダイケンのもの作り」の原点なのです。

企画・開発部門

高い技術力と飽くなき探究心で
オリジナリティーあふれる製品を創造する。

企画・開発部門

マーケティングから生まれた「企画」を「規格」へと変えるための工程である設計。ダイケンの設計の特長は、長年の経験に裏打ちされた幅広い対応力と自由な発想力と常に探求する姿勢から生まれるオリジナリティーです。ビルやマンション、戸建て住宅の内外装やエントランス、エクステリアなど幅広い知識と高い技術をもつため、製品化へのプロセスも的確かつスピーディ。また耐久性、使いやすさ、美しさなどさまざまなニーズに的確に応えながら暮らしの風景に調和する個性的なデザインは、高い評価を受けています。単なる建物づくりの材料としてではなく「風景や人がやすらぐ姿を想って創る」というプロフェッショナルの情熱が、他にはない高い品質を生み出します。

生産部門

ISO認証を取得するなど、常にベストな
品質を提供する万全の生産体制。

企画・開発部門

品質管理の役割は製品化したアイデアを生産し、そのクオリティを保証すること。日常的に使用されるダイケン製品は、耐久性や安全性などの安定した品質面とコストパフォーマンスが求められるため、JIS基準はもちろんBL(優良住宅部品)基準、公的基準を上まわる自社基準など、厳しいチェックを経て出荷しています。生産拠点である兵庫工場、十三工場、成田工場では国際品質保証規格ISO 9001:2000の認証を取得し、品質管理を徹底するなど、メーカーとしての社会的責任を追及しています。また、環境保全にも積極的に取り組んでおり、十三工場と兵庫工場では企業が継続的に環境改善を行うマネジメントシステムの国際規格であるISO 14001:2004の認証を取得しました。