【HACCP導入事例】厨房に最適!
ステンレス排水溝・集水桝〈2022最新〉


 

2021年6月に日本国内で完全義務化された衛生管理手法「HACCP(ハサップ)」
ダイケンでは、 飲食店・給食センターの厨房や食品加工工場などのHACCPシステムに対応する「HACCP対応ピット〈排水溝・集水桝・グレーチング(蓋)〉」を製造・販売しています。

ダイケンの排水溝・集水桝・グレーチング(蓋)は、錆にくい高耐久ステンレスSUS304製です。汚れが溜まりにくく清掃しやすい構造をしており、クリンリネス環境を保ちます。また、「ウェット」・「ドライ」それぞれの環境に対応する製品をラインアップしているため、ゾーニング設定にも対応します。今回は、そんな「ダイケン HACCP対応ピット」の導入事例をご紹介します。

 

haccp資料ダウンロードボタン

 

 

▼ゴミが溜まりにくい!掃除が簡単!ステンレス排水溝等をご紹介▼

 

 

SSGW

グレーチング対応 ピット SSGW 〈ウェット厨房用〉+ 集水桝 SSC1

※別途、ダイケン製ステンレス グレーチング(溝蓋)をお買い求めください。

 

 

SSGWD

グレーチング対応 ピット SSGWD〈ウェット厨房用(小規模施設向け)・出入口用〉

※別途、ダイケン製ステンレス グレーチング(溝蓋)をお買い求めください。

 

 

SSG

グレーチング対応 ピット SSGF〈ウェット厨房用〉+ 集水桝 SSC1

※別途、ダイケン製ステンレス グレーチング(溝蓋)をお買い求めください。

 

 

SSPMJ+SSC1

スリットタイプ ピット SSPMJ〈ドライ厨房用〉+ 集水桝 SSC1

 

 

スリットタイプ ピット SSPMJ〈ドライ厨房用〉+ 集水桝 SSC1

 

 

SSPMJ+SSC1

集水桝 SSC1 内部

 

 

haccp資料ダウンロードボタン

 

 

▼ゴミが溜まりにくい!掃除が簡単!ステンレス排水溝等をご紹介▼

 

 

■【HACCP導入事例】厨房に最適!ステンレス排水溝・集水桝〈2022最新〉 まとめ


ダイケン HACCP対応ピット は、「ステンレス ピット(排水溝)・集水桝」をラインアップしています。どちらも錆びにくい「高耐久ステンレスSUS304製」です。食品くずが溜まりにくく、清掃しやすい形状をしています。

「ステンレス ピット(排水溝)」は、「ウェット厨房用」「ドライ厨房用」を展開しておりゾーニング毎の設定に対応できます。「グレーチング対応タイプ」と「スリットタイプ」があります。なお、グレーチング(溝蓋)は別途購入が必要です。

「ステンレス 集水桝」は、「グレーチング受枠付タイプ」・「下桝タイプ」をラインアップしています。「R面仕様」と低価格の「底4面テーパー仕様」があります。

従来のコンクリート製の排水溝では、経年劣化による「欠け」や「ひび割れ」に食品くずなどが溜まることで、菌が繁殖するリスクがありました。そこで、排水溝を高耐食ステンレス製(SUS304製)にすることで、こういった問題を防ぐことができます。HACCP完全義務化の流れの中、食品工場、給食センター、病院、飲食店など各種厨房の衛生管理をサポートする「ダイケン HACCP対応ピット」を是非ご検討ください。

 

haccp資料ダウンロードボタン

 

 

▼お気軽にご相談ください!

設計事務所のみなさまへリンクバナー

 

 

 

haccp400x145

 

 

◎ダイケンは「HACCP対応ピット」として厨房用ピット・集水桝を製造・販売しています。
「内装建材 ピット・グレーチング・玄関マット カタログ」「製品情報・図面データ」はコチラ↓

 

Button-productsindex

 

banner_datadowenload